• お知らせ
  • オンラインストア
  • 商品一覧
  • コラム「蔵だより」
  • 会社概要
  • お問い合わせ
コラム「蔵だより」
ホーム > コラム「蔵だより」 > 第14回 容器の移り変わり

辻岡醸造の歩みをはじめ、蔵からのお知らせなどを随時更新していきます。

第14回 容器の移り変わり

2012年5月9日

店売りの味噌を量っていました。

昭和20年代頃迄使っていたそうです。

こちらは、醤油の量り売り用の容器です。

三升入り(5.4?)です。

昭和15年前頃迄使っていたそうです。

味噌も醸造していますが、何故か醤油店。臨機応変ですね。

量が多い場合は。

樽で配達してました。こちらは昭和40年代迄現役でした。

現在は、下の写真のポリ容器(18?)

或いは一斗缶(18?)

或いは一升ビン、お馴染のペットボトル等等。

ご要望に応じて発送、配達承ります。

 

 

※ブログ「蔵便り+チョッピリ京都」より抜粋

 

一覧へ戻る

このページのトップへ